読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稲荷狐の津々浦々

にわかIT系人間がぐーたらに書いていく趣味や今やっている事を中心にしたブログ

雪の京都を見に行ってきたお話。

散歩とか旅したおはなし

気がつけば新年あけてました(ぉ

 新年早々胃腸炎をおみまいされて新年二日目にして七草にしては少し早いおかゆを食べるという人生最悪の1年のスタートを切った稲荷狐です。今はすっかり元気になりました。

今シーズンは暖冬かと思いきや年明けそうそう急激に冷える日が続いてますがいかがお過ごしでしょうか。まだまだしばらく寒いのでみなさん体調等十分にお気をつけくださいませ。

さて、今回はここ数日雪続きの京都に観光しに行ってきたお話をば。今回はいつもより長めです。

そうだ京都、行こう。

前述の通り年明けそうそう死んでいたので全然遊んでなかったなとふと思い立って京都に観光に行こうと思い付きました。

いつもはぼっちなので気ままに一人で行くことが多いのですが、今回は知人のeXpresserさんと二人でのんびり行きました。

f:id:Inarifox:20170116205214j:plain

大阪を出発した頃の天候は快晴。出発前に京都方面は雪の影響で列車の遅延が起きている情報は確認していたのでスケジュールは極力ゆとりを持つようにしました。

f:id:Inarifox:20170116205410j:plainf:id:Inarifox:20170116205805j:plain

まず訪れたのは伏見稲荷大社。何度も訪れたことのある場所ですが、雪の伏見稲荷大社は初めてでした。鳥居や建物の朱色と黒色、雪の白色がとても綺麗でした。

f:id:Inarifox:20170116205943j:plainf:id:Inarifox:20170116210027j:plainf:id:Inarifox:20170116210122j:plainf:id:Inarifox:20170116210516j:plain

本殿でお詣りを済ませた後は千本鳥居を抜け稲荷山にも訪れました。途中少し吹雪いたりしましたが無事に山頂までたどり着くことができました。ここまで雪が残っているとまるで雪国の山の中にある神社に訪れたかのように錯覚してしまいますね。

f:id:Inarifox:20170116210810j:plainf:id:Inarifox:20170116210813j:plain

稲荷山を訪れる上でやはり外せないのがここ、四ツ辻からの眺めですね。普段でもとても眺めが良いのですが、今回は雪というのも相まってより綺麗でした。奥の方が白くなっていたので少し天候が心配になりましたが登っている時以外はそこまで天候が悪くなることがなくて良かったです。また道中、所々に誰が作ったのか分からない雪だるまや雪うさぎが置いてありました。これはそのうちの一枚です。

伏見稲荷を後にして次に向かったのは金閣寺の通称で知られる鹿苑寺へ向かいました。しかし、近づくにつれて天候がどんどん悪化していき、ついにはふぶき始めてしまいます。ですが、雪化粧された金色の舎利殿は言葉では言い表せないほどの綺麗さで、思わず息を呑んでしまうほどでした。

f:id:Inarifox:20170116213350j:plainf:id:Inarifox:20170116213436j:plain

鹿苑寺を訪れた後は嵐山へ向かい嵐山温泉 風風の湯へ。本当はドラマ撮影地などでも有名な天龍寺北側にある竹林の道も行きたかったのですが、鹿苑寺から出発した頃には日が暮れていたことやまた雪が降ってきだしたこと、そして何より身体が冷えてきていたので今回は残念ながら断念することに。また機会があれば行きたいと思います。

最後は温泉を入った後に乗車した阪急嵐山線駅名標を、レトロ感がある明かりに照らされたこれまた京都らしい駅名標は非常に良かったです。

f:id:Inarifox:20170116214544j:plain

この後は桂駅でeXpresserさんとは別れ、私は河原町から三条にかけて少し散策を楽しんだ後京阪で京都を後にしました。

京都は何度も観光で訪れているのですが雪の京都というのは今回が始めてでまた違った情景が見れてとても充実した一日でした。まだ桜と紅葉の季節は訪れたことがないのでまた日を改めて訪れたいと思います。では、また。