読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稲荷狐の津々浦々

にわかIT系人間がぐーたらに書いていく趣味や今やっている事を中心にしたブログ

蒼き鋼のアルペジオ劇場版(Cadenza)観てきました

アニメ的なおはなし

ついに完結(ぉ

※注意:執筆中に晩酌していたので誤字/脱字等あるかも知れませんがご了承ください。

 

用事で外出することがあったのと初日だしってので僕の友人のS氏(仮名)と観てきました。

元々僕がアルペジオを知ったのは某戦艦擬人化ゲームで、そこからアニメ、原作とどんどんハマっていきました。久々にどっぷりハマれるものが出来たので嬉しい半面おさいふ事情が思わしくないのが少し悲しいところでもあります。

さてさて、あまりここでネタバレしてしまうとこれから観に行く予定の同志に後ろから刺されかねない怒られてしまうので出来るだけネタバレ要素を含めない形で感想を書いていこうかと思います。

まずはDCからの続きという形で前回の最後のシーン後から始まります。

前回、アニメで出てこなかったまさかのあのキャラが出てくるとは思いませんでしたがこの展開にすることでうまく劇場版という時間枠に収まったんじゃないかなと。

そのすぐ後にあるイオナと群像との会話はアニメを最初から観ていると彼女の成長具合が比較出来てとても面白いですね。イオナの劇場版衣装かわいいんじゃあ~

それと生徒会組は原作のキャラまんまにアニメにした感じで声もすごく合ってました。DCを観た方なら大方予想がついたと思いますが、生徒会組との艦隊戦があります。劇場版でも個性的で個々が好き勝手動きつつも一度戦闘になればそれぞれの特徴を活かした戦い方で敵を追い詰めていく様は観ていて息を飲みました。

その後もアニメ版でイオナと関わりがあったあの艦船とMM達が出てくるわけですがタイミングが少年マンガのように待ってましたと言わんばかりのタイミングで出てくるのですごく萌え・・・・燃えます。(中の人はテンション上がりすぎて思わず劇場内で小さくガッツポーズをしました)

あまり話してしまうとストーリーのあらすじみたいになってしまうのでストーリーに沿った感想はここまでで。他に思ったこととしては

  • キャラクターの3Dモデルがより自然に動いてる(ように見えた)
    →アニメや前作DCでもこれ本当に3Dなの!?ってくらい自然に動いてましたが、今作はさらに動きが自然かつ綺麗になってる印象がありました。
  • 音楽が相変わらず凄く良い!
    →劇場版から新たに入ったBGMも含め劇中歌やED曲、どれを取っても内容の雰囲気に合った素晴らしい曲ばかりでした。サントラが公開より先に出ていたので今度買う予定をしています。

ストーリーとしては相変わらず笑いあり、戦闘あり、シリアスありでアニメから追ってきた人も劇場版で知った人も満足のボリュームじゃないかなと思います。僕自身はこの記事を書いてる時点(公開初日午後11時頃)でも興奮が冷めきらないです、寝れるか心配です。(ぉ

 

・・・とまぁ、ここまでぐだぐだと方向性が定まらないまま書き連ねましたが僕自身「どうだった?」と聞かれると「最高だったから是非観に行ってみて!」と返せる自信はあるので是非まだ観てないって人は是非映画館に足を運んでみてください。というかもう一度観に行きたいです。

今回の劇場版でアルス・ノヴァ版は一旦のピリオドになりましたが原作はまだまだ続いているのでこちらも今後の展開が気になるところですね。

 

ってところで今回はこの辺で。ではでは。